グラスキン 副作用

更新日:

グラスキンの副作用は?

新しい化粧品を使うときは、敏感肌だと特に成分や副作用など危険性がないのかも気になりますよね。

そこで、グラスキンには副作用がないのか?敏感肌でも使えるのか?を調べてみました。

グラスキンに副作用はないの?

グラスキンのテクスチャー

結論からいうと、グラスキンに副作用の危険性のある成分は使用されていないので、安心して使うことができます。

私も敏感肌で合わないスキンケアが多い肌質ですが、問題なく使うことができましたよ。

敏感肌に優しい無添加処方

グラスキンは、敏感肌でも優しく使いやすいように、7つの無添加処方で作られています。

7つのフリー

  1. パラベン
  2. アルコール(エタノール)
  3. 鉱物油
  4. サルフェート
  5. 紫外線吸収剤
  6. 合成香料
  7. 合成着色料

美白ケアで有名なスキンケアにシミウスなどがありますが、着色料が使われているのが気になっていて私は購入していませんでした。

グラスキンは合成着色料は不使用ですし、香りも合成香料は使わずに天然精油のオイルを使用しています。

天然の香りでリラックスしながらスキンケアができるなんて贅沢ですよね。

植物由来成分なのでアレルギーの方は注意

石油系の成分はフリー処方になっていますが、その代わり植物由来成分など天然成分が多く使用されています。

オーガニックなどは、肌に優しいイメージがありますが、植物アレルギーの方など体質的に相性が合わない場合もあります。

アレルギー体質の方は、顔に使う前に、二の腕の内側など目立たない部分でパッチテストを行なってから使用しましょう。

もし体質的に合わずに使えなくても、15日間の全額返金保証がついているので、返金してもらうこともできるので安心ですよ。

厚生労働省認定の国内工場で製造

無添加処方だけでなく、グラスキンは製造にも安全性や高品質にこだわってつくられています。

製造は、厚生労働省が認定した国内工場で製造されています。

医薬品のような管理体制など安全性にかなりこだわって作られているんですね。

美白成分はプラセンタなのでヒリヒリせずに使いやすい

グラスキンの薬用プラセンタエキス

私もそうですが、敏感肌だと美白用の化粧品を使うと肌がピリピリと刺激を感じた経験がある方も多いと思います。

私の場合は、美白有効成分のビタミンC誘導体が合わなくて肌にピリピリを感じていました。

ビタミンCでピリピリ感じてしまう原因は、

  • ビタミンCの酸性による刺激
  • 皮脂を抑制する作用で肌が乾燥しやすくなる

ということが原因なんだそうです。

なので「敏感肌だと美白ケアは無理なのかな」と諦めていたんですが・・・

グラスキンの美白有効成分はプラセンタなので、刺激を感じにくく、敏感肌の美白ケアにはぴったりなんです。

プラセンタが敏感肌におすすめな理由

  • メラニンの生成を抑制
  • 肌表面を保湿する作用
  • 新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促す
  • コラーゲンの生成を促す

お肌に刺激がなく、保湿や美白効果もあるため、乾燥しやすい敏感肌の美白ケアにはすごくおすすめです。

敏感肌の炎症を防ぐ薬用和漢エキスも

グラスキンの薬用和漢エキス

また、グラスキンには抗炎症作用のある薬用和漢エキスも配合されています。

敏感肌だとお肌が炎症しやすいですが、炎症を繰り返している部分お肌が硬くなり、美白成分が浸透しにくくなってしまいます。

美白成分と一緒に抗炎症成分も配合することで、お肌を硬くするのを防ぎ、より美白成分が効果的に働けるようにしてくれているんですね。

まとめ

  • 副作用の心配はない
  • 植物成分があるのでアレルギーの方は注意
  • 刺激のない美白ケア&抗炎症成分配合なので敏感肌の美白ケアにおすすめ

無添加処方や製造方法にこだわっているため、安全性の高いスキンケアであることがわかりました。

また、刺激の少ない成分や抗炎症成分を配合しているので、敏感肌でも安心して美白ケアできるのは嬉しいです♪

それに、15日間の全額返金保証制度もあるので、お肌に不安がある方も安心して試せるのでおすすめですよ。

私も敏感肌なので新しいコスメを使うときはいつも少し不安ですが、グラスキンは買って正解でした(^^)

お肌の変化写真や詳しい口コミはこちらにまとめているので、よかったらチェックしてみてくださいね。

⇒グラスキンの口コミ&肌の変化写真

Copyright© グラスキン 口コミ , 2019 All Rights Reserved.